2012年07月15日

500色の色えんぴつ

500色の色鉛筆をご存知ですか?

私が知ったのは2010年の春頃。

この商品は2009年6月に発売されました。

当時、なんと約1年で4万セットも売れたそうです。

価格は3万円。信じられますか?

12色や24色の色えんぴつを持っているのは、小学生か絵を趣味にしている人ぐらいと思っていました。

現実にそうだったと思います。

 

それがなんと3万円もする500色の色えんぴつが4万セットも売れたのです。

そこには心憎い演出がありました。

500色の1本1本にすべて素敵な名前を付けたのです。

例えば「朝食のスクランブルエッグ色」とか「子ウサギの小さな耳の色」などです。

 

イマジネーションを掻き立てられます。

欲しくなってしまいます。よね。

 

たかが色鉛筆なのでしょうが、素晴らしいプロデュースです。

クリエイティブな仕事をしている人はやっぱりいるんですね。

 

私も、もっとクリエイティブにならなくては・・・

 

500色の色えんぴつ